77、情熱的な会社の作り方

 

こんにちは。くらもとたいしです。

 

物事を感情を排し、効率化して生産性を高めるには限界があります。またそのような仕事は今後ロボットや機械が代わりに行ってくれることと思います。ではこれから私たちに必要なものは何なのでしょうか?それは感情を表した情熱の中から生まれてくる創造性ではないのでしょうか?そして会社はどのような姿に変わっていかなければいけないのでしょうか?

それでは見ていきましょう!!

<Sponsored Link>


 

【情熱的な会社の作り方】

 

エグゼクティブたちはビジネスを成功に導くのには、大きく明確なビジョンを描くこととそれを支える根底の文化が必要であると理解し始めています。そして優秀な人材は、素晴らししビジョンや文化を持っている会社に魅了されるのです。

しかしそれが十分にできていても、実際に体現かできているところは少ないのではないでしょうか?会社は社員が自分たちのしていることを愛し、そんな人々が多く会社にいることを望んでいます。そして不幸なことに、これを形成するスキルは未だフォーマットとして確立されていないのです。

 

情熱のある社員とは自分の会社が、今、何を、どのようにしているのかに目を配り、他人を巻き込み、好奇心旺盛に行動する人のことです。そしてそのような社員が会社を大きく成長させてくれるのです。ここに5つの方法で社員に情熱を持ってもらう育成法をご紹介します。

 

<トップは社員に対してパッションをあらわす>
私たちは感情という言葉を、特にビジネスの場においては悪い意味で用いられることが多いです。しかしインスピレーションも情熱もモチベーション、興奮も全て感情なのです。つまり熱量の多い職場にするためには積極的に感情を解放していくことが求められているのです。

 

<情熱的な人材を採用する>
手っ取り早い方法としては、情熱のある社員を様々なインセンティブの環境下で自由に働かせることです。能力だけが高い人では、会社へのミスマッチを起こす原因になります。いかにその仕事に打ち込んでくれる人かを考えて採用していかなければいけません。

 

<情熱を伝染させる>
情熱を伝える上雨要請があります。ある社員が情熱あふれる行動をした際は、その行動を他の社員にフィードバックしていいましょう。感情は伝染するものです。良い感情はもちろん悪い感情もです。そうであるならば私たちは良い感情を職場、そして会社全体に伝染させていかなければいけません。これは個人レベルに対しても当てはまります。

 

<ロックな心意気を忘れない>
何が起こっっているのかなどの好奇心の探求を忘れてはいけません。あなたの中のロックスターを落ち着かせるのではなく、いかに好奇心を持ち続けて物事を観察、行動していくかが重要になってきます。

 

<企業理念を浸透させる>
ほとんどの会社には企業理念はあります。しかし残念なことにそれを口にすることはリーダーであっても多くありません。しかしリーダーは理念を体現する存在であり、常に宣言すべきなのです。会社が今どの方向に向かっているのかなど、これはリーダーが明確に社員に伝えていかなければいけないのです。

 

多くの企業には情熱を生み出せるだけのパワー人が揃っています。しかしそれを実現させるには、毎日声高に叫び続けるしかありません。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>


Follow me!

コメントを残す