モチベーションの種類

 

モチベーションとは、

モチベーションの定義:人を特定の行動に向かわせ(行動の方向性)、そこに熱意をもたせ、持続させること。

と前回定義し、モチベーションが今評価されている理由とそのバックグラウンドについて学んでいただきました。

 

本日第2回目のテーマはモチベーションの種類について考えてみたいと思います。「モチベーションに種類なんてあるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、大きく分けてモチベーションは2つに分類することが可能です。

一つ目は外発的モチベーション、もう一つが内発的モチベーションです。それぞれ単語からも推測いただけるかと思いますが、外部から刺激を受けるのか、それとも自分で刺激を発しモチベーションを高めるのかの違いです。以下この二つのモチベーションの違いを詳しく見ていきましょう。

-ads-


 

まず外発的モチベーションにの定義としては、

昇給や・昇進などの報酬が「外部」から与えられる影響で、高められるモチベーション

ということができます。このモチベーションには、何か第三者が介在しているということができます。つまり一人でモチベーションをあげるというよりかは、外部の環境次第でモチベーションの高さが変わってきます。

 

次に内発的モチベーションの定義を見ていきます。

「楽しみたい」「やりたい」などの、人間の内面から湧き上がるモチベーション

このモチベーションの種類は何に自分が熱中できるかといったことが焦点としてあげられます。周りの環境がどうであろうと、自分が没頭したいと思える対象に対して大きなエネルギーを持たすことができるのです。

 

「The Candle Problem(ろうそくの問題)」という1945年にカール・ドゥンカー氏が行った心理学の実験を例に、このモチベーションの違いを考えていきます。実験者は被験者に対して「テーブルに蝋が垂れないように、ろうそくを壁に取り付けてください」というシンプルな実験です。

 

 

先に答えを提示しておきますと、直接ろうそくを壁に取り付けてはうまくいきません。画像に見えている画鋲を入れている箱を土台にして壁に箱を取り付けてその上にろうそくをおくことが正解です。

 

 

サム・グラックスバーグ氏がこの「ろうそくの問題」を用いてある実験を行います。まず被験者を2つのグループに分けます。一つ目のグループには、「この問題を解くためにどれだけの時間がかかるかを計測します。」とだけ言います。そしてもう一つのグループには「この問題を最初に解いた人には20ドル差し上げます。上位25%の人には5ドルづつ差し上げます。」とインセンティブを提示しました。

結果は、遅かったチームの余分にかかった時間が、早かったチームの平均3分半遅かったのです。それではどちらのチームが早かったのでしょうか?それは前者であるインセンティブを提示されていないグループです。

 

この結果を見て多くの人は、予想を外したのではないでしょうか?普通に考えてインセンティブがかかったほうがそうでないものに比べて生産性は高くなると考えるでしょう。しかし複数回実験を行っても結果は同じでした。つまり目的がインセンティブを得るということよりも、純粋にゲームを楽しむといった内面から出てくる情熱のほうが生産性が高いことがわかったのです。

 

この実験には余談があります。前者のグループは後者のグループに比べて、実験が終わってからもその実験に対して興味を持っている人の確率が極端に多かったのです。反対に後者のグループは実験が終わると、その実験についてそれ以上考えることはしなかったのです。これはインセンティブがかかると金銭面に意識を持って行かれて、長期的なモチベーションを継続させることが困難であるということを証明してくれました。

 

それでは今の企業の評価システムを考えてみてください。おそらく外発的モチベーションに基づいた評価システムを称している会社がほとんどではないでしょうか?むしろこの事例が証明された後でも、多くの人のステレオタイプの元、金銭的なインセンティブが人のモチベーションを高めるもっとも効果的な方法と信じられてしまっているのです。

 

それではなぜ内発的モチベーションの方がモチベーションの質としては高いということがわかっていても、外発的モチベーションを軸とした評価軸が根付いているのでしょうか?

その一つの答えをモチベーションの歴史から紐解くことができます。モチベーションの歴史を知ることによって、なぜ今なお外発的モチベーションが主流なのであって、内発的モチベーションがなおざりにされているのかを理解いただけると思います。

-ads-


 

次回は”モチベーションの歴史”をテーマに見ていきたいと思います。この連載はFacebookページ「毎日ビジトピ(@mainichibiztopi)」で更新のお知らせをしていきます。この掲載が「役に立った」「面白かった」という人はぜひ「いいね」や「コメント」、「シェア」をしてみてください。また毎日ビジトピをFacebook上でフォローしていただけると、更新通知が届きますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。
初回から見たい方は、
第1回:モチベーションとは何か
を改めてご覧ください。

 

※毎日ビジトピとは?
3分で読める最新のビジネストピックを毎日お届け。様々な観点からの記事を掲載しているので、幅広く役立つ知識を身につけることができます。またインタラクティブな交流も目指しているので、ご興味のある方は専用の問い合わせフォームかFacebookのコメント欄にお気軽にメッセージしてください。

Follow me!

モチベーションの種類” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。