624、調査から見えてきた社員が会社を辞める13の傾向

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

あなたは今の仕事にどれだけ満足をしていますか?以下記載していますが、仕事を辞めるときに現れる13の前兆として現れる行動を表しています。あなたはいく当てはまりますか?そしてその解決方法を記載しているのですが、根本的に13の前兆を起こさせない工夫をしないと根本からの解決には至らない、難しい問題のようです。

それでは見ていきましょう。

<Sponsored Link>


 

【調査から見えてきた社員が会社を辞める13の傾向】

 

1世紀にもわたりマネージャーや学者たちが調査しているにもかかわらず、社員が仕事を辞めようとしているかを把握することはほとんど不可能である。

しかし少しでもマネージャーや会社にとってのリスクを減らすために、辞めていく社員がどのような行動を見せるかを調査してみた。もちろん社員が辞めていくときに見せる(もしくは見せないかもしれないが)行動は一つではないが、幾つかのパターンを見つけていこうと思います。

 

まずはじめに行動調査から始めます。100人のマネージャーに「ここ2年間で仕事を辞めた人はいますか?そしてその人が辞めるまでの1か月、普段と変わった行動をしていませんでしたか?」という質問を投げかけます。

すると様々な答えが返ってきました。例えば相手を助けなくなったことやプロジェクトのミーティングに顔を見せなくなったという回答や、身なりに気をつけなくなったや相手に攻撃的になったとの行動の変化がありました。

 

次のステップとして、上記で得た900をも超える辞める1か月における行動の変化からの共通点として13の法則を見つけることができました。その13の変化が仕事を辞める兆候であるということができそうです。

 

1:生産性が通常より落ちている。

2:チームプレーを普段に比べて消極的になる。

3:最小限の仕事しかこなさなくなる。

4:マネージャーとの関わりを拒み始める。

5:長期的な仕事にコミットしたがらなくなる。

6:ネガティブな態度を見せ始める。

7:仕事に対してのモチベーションが下がっている。

8:今の仕事に十分に満足していない、というような態度をとりがちになる。

9:集中力が低下している。

10:管理監督することがおろそかになる。相手にも自分にも。

11:いつもより仕事を終え、帰るのが早くなる。

12:組織へのんん¥ビジネスに対する共感性を失う。

13:顧客に対する関心を失う。

 

そしてこの13の法則が当てはまるかどうかをある企業のマネージャーに確かめてもらった。12か月間のマネージャーの調査委よると、この13の法則に当てはまる社員ほど、仕事を辞めていることがわかった。5段階評価方式での回答によると、特に平均4.2を超える社員に至ってはかなりの確率で仕事を辞めていました。

 

彼らを仕事をを辞めさせない方法として、給料アップやプロモーション、特別なプロジェクトに抜擢するなど待遇を変えてあげることで少しは改善される。そしてもう一つの方法として、スタープレイヤーのような人物とプロジェクトを行わせることであす。

スタープレイヤーと仕事を行うことで彼らの仕事に対するエンゲージ力やエネルギーを受けることで再度火をつけることが彼らを辞めさせないもう一つの方法なのです。

<Sponsored Link>


Follow me!