692、全てのミーティングを意味のあるものに。そうでなければ自分のとレーニングの場として利用する

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

あなたのファシリテーターとしてのスキルはいかほどでしょうか?ミーティングにおいてファイシリテーターの存在は非常に重要です。

目的と役割も明確にしながらファシリテーターのスキルで多様な見解を引き出すことが、ミーティングを成功させる方法だからです。しかし多くの人はファシリテーターとしてあまり機能していないようです。なぜでしょうか?

それでは見ていきましょう!!

<Sponsored Link>

 

【全てのミーティングを意味のあるものに。そうでなければ自分のとレーニングの場として利用する】

 

良いミーティングを実施するには、問題を明確にし、方向性を設定し、目的へと一歩前進させることです。これらがミーティングが価値あるものになるためには不可欠ですが、まだまだできているところは少ないといいます。

 

そろそろ皆さんのミーティングを見直してみませんか?会社で地位が上がっていけばいくほど、驚くほど会議は増えてきます。

少数での会議ならまだマシですが、人数が8人以上増えてくると会議のあり方について考えていかなくてはいけません。ここに3つのキーポイントを紹介していきましょう。

 

<自分のスキルを高める>
議論をマネージすることは非常に重要なスキルです。これは通常の業務を行っているより効果的なトレーニングとなるでしょう。このスキルを磨くことは周囲からの評判も高まり、またインフルエンス力も高まります。

客観的にミーティングを観察することで誰をどのように巻き込めばいいかのトレーニングを行うことができます。また自身をコンフォートゾーンから抜け出させてくれるかもしれません。

 

<批判的な意見を効果的にマネジメントできるようになる>
ファシリテータがすぐれている会議は多様性が生まれやすく、そして進むべき方向を明確にしてくれることが期待されます。この能力は他の仕事のできより評価されるかもしれません。

誰に意見を求めることがこのミーティングにおいて多様性を生み意見が活性されるかを引き出すのも優れたミーティングスキルの一つです。

 

<聞く、反芻する、インプットに集中する時間を設ける>
あなたがこのミーティングをリードする立場ではない時、どのようなスタンスが求められるのでしょうか?

それは自分の考察や経験、見解などを素直に述べることです。つまり参加者一人一人は様々な意見を求められます。それがミーティングが成功に導くための方法であるのです。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>

Follow me!