700、なぜリーダーシップの養成はリーダーの養成に繋がらないのか?

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

リーダーシップを発揮できていると思っている人はどのくらいいるのでしょうか?おそらくほとんどの人はリーダーシップに対して不安を抱えているのではないでしょうか?

そしてそのために会社としても個人としても大きなお金をかけているのだと思います。しかしリーダーシップとは意外にシンプルなものなのかもしれません。

それでは見ていきましょう!!

<Sponsored Link>



 

【なぜリーダーシップの養成はリーダーの養成に繋がらないのか?】

 

多くのビジネスリーダーにとって、社員をリードすることができていないと言われています。実際年間数十億ドルものお金を費やしながらも、3人に一人は社員から信用されていないと考えられているのです。

リーダーシッププログラムはクラスルームなどを通して様々な教育が実践されます。リーダーシッププログラムを受けることで受講者はインスパイアされたりモチベーションが高まります。しかし勉強の後になるとそれが実践されているかは不透明なのです。

 

何が今のリーダーシッププログラムと実際の現場で差異があるのでしょうか?そしてどのようにすればうまく回ることができるのでしょうか?我々は25年にも及ぶ研究から4つの要因を見つけました。その要因を見ていきましょう。

 

<経験をつけさせる>
研究者曰く、脳が活性している時は感情が大きく変化している時だと言われています。単純に物事が起こっている場合は人はあまり記憶に残すことはできませんが、何か体験できるようなエンゲージを起こすことで記憶に残すことができます。

したがってクラスルームでもそうですが、実際のOJTでも人に印象に残す体験を与えることを意識することでリーダーシップを身につけることができます。

 

<参加者をただいる参加者ではなくて共犯者にする>
リーダーで活躍するためには社内での根回しが非常に影響を与えるようになってきます。実際支持されていない場合の場を回すことの大変さは多くの人が身をもって感じているのではないでしょうか?

社内での仲間を多く作っておくことで、自分のストーリーを語りやすい環境を作り、リーダーシップに必要な要素を構築しておき必要があります。

 

<リーダーシップの形を大きく理解する>
今までのリーダーのスタイルと今のリーダーのスタイルは多様になっています。したがってこれが正解というリーダーシップの形がなくなっているのが現状です。その中で今まで考えられていたリーダーシッププログラムではうまく回らない状況になっているのではないでしょうか?

今必要なのは広くそして多様な視点で物事を見れるようになることです。つまり様々なファンクションや役割が違う人との関わりが大事になってきます。

 

<プログラムを実施する人のファシリテーターとしての能力が求められる>
最後に必要なことはこのリーダーシッププログラムをうまく回せるファシリテーターとしてのスキルが非常に重要になってきます。

いかにビジョンやアクションプランなどを掲げることができても様々な機関を潤滑に回すことができなければ何の意味も持たなくなってしまいます。このスキルは個人としての成長だけではなく、会社としての成長にも貢献することができます。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>


Follow me!