787、なぜ自己反映を行う時間を設けなければいけないのか?

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

多くの人が時間に忙殺される中で、自分を反映する時間をどれほど作れているでしょうか?あのスティーブジョブスは日本の禅を取り入れ、静寂の中で自己反映をする時間を設けていました。

そして様々な調査でも自己反映することの重要性は証明されています。後は自分がその時間を確保するかしないかなのですが、多くに人が自分を含め時間をとることができていません。なぜそうなってしまうのでしょうか?

それではみていきましょう。

<Sponsored Link>


 

【なぜ自己反映を行う時間を設けなければいけないのか?】

 

私がエグゼクティブへのコーチングをしていると知ると、どんなクライアントが骨を折りますか?と尋ねてきます。

すべてを知っているシニアリーダーですか?いじめたり卑劣なリーダーですか?責任逃れするリーダーですか?

 

答えはその中にはありません。私が最も骨を折るリーダーの特徴は、自分自身を反映しないリーダーです。

 

単純に言うと、反映とは注意深い思考のことを指します。しかし多くに人は反映のことをなんとかニュアンスで把握しています。本当の反映とは、意識の思考や目的に向かった行動や信念の分析によるものです。

反映することは脳の中のカオスを理解し、観察や体験を種類別に考えることができ、様々な視点から物事を考えることができることで、意味づけを行っていけることです。リーダーにとってはこの意味づけが会社の成長や発展に以上に重要な役割を果たします。

 

専門家の調査によると、就寝前の15分の時間を繁栄の時間に費やしている人は10日が何も行っていない人と比べて、23%パフォーマンスが向上することが分かりました。

そう、反映することは非常に大事なことなのですが、なぜリーダーは反映を行わない人が多いのでしょうか?それはリーダーがこのような特徴を持っているからです。

 

<プロセスを理解しない>
多くのリーダーは反映の仕方を知りません。最近仕事をしたKenという人がいますが、彼は日曜日の時間を反映の時間として使っていませんでした。そこで私は2時間のレッスンの内30分を反映する時間にあててみてはどうかと提案しました。

するとかれは5分考えたのち、「何をしてほしいと思いつかなかったってことは、自分がどうありたいのか反映できていない証拠ですね」とその提案に応じてくれました。

 

<プロセスを好まない>
反映することに嫌悪を示すリーダーもいます。なぜなら反映することは時として、スピードを緩めたり、今までとは異なったマインドセットを受け入れたり、非効率なことを受け入れなければいけないからです。

長期的には非常に価値のあることでも短期的に見れば、それはリーダーにとって不快であり、受け入れがたいことになるというのです。

 

<結果を好まない>
反映したことで、その結果に満足しない人がいます。典型的な例でいうと、リーダーは反映で得た自分の強みを無視し、弱みを嫌う傾向にあります。受け入れることい拒否反応がある人には効果を発揮することができないのです。

 

<アクションに対するバイアスを持つ>
サッカーのゴールキーパーのように、アクションに対してバイアスを持っている人がいます。ゴールキーパーのフリーキックで防御確立を上げるためにはどちらかのサイドによることが実験で分かっています。

しかし実験結果があるにもかかわらず、真ん中に立ち続ける人が増す。ビジネスも同じです。明らかにこっちのほうが有利と分かっていても、依然として真ん中に立ち続ける人が存在するのです。

 

<良いROIを見ることができない>
リーダーは何事にもROIを意識する傾向にあります。その結果反映は時間や才能、お金の観点でROIに合わないと早計に判断する人が多いのです。

 

それでは反映を行いたい場合、どのようなステップを考えればよいのでしょうか?

 

<いくつかの大切な質問を明らかにする>
いくつかの質問に自問してみましょう。自分は何を避けているのか?仲間のゴールの手助けをどのように行ってるのか?職場の人間関係をどのようにして形作っているのか?ミーティングを効果的に行えているのか?などです。

 

<自分の好みがマッチする反映のプロセスを選択する>
多くの人は反映するとき、記事のように文字を書き連ねます。一人ではなく誰かと行うこともお勧めします。誰かと行うことでよりスムーズに反映を行うことができるでしょう。

 

<時間をすkじゅーリングする>
多くのリーダーはスケジュール通り行動します。であれば反映する時間をスケジュールにあらかじめ記入しておきましょう。

 

<小さく始める>
反映に1時間時間がかかるようであれば、10分に短縮してみましょう。大きすぎる問題は細分化することで明確化できることにつながります。

 

<始める>
立ち止まり、考え、リストをみなおしてみましょう。そして反対意見ならどう考えるかを想像し、様々な視点で考察しましょう。そして行動を起こすことをためらってはいけません。

 

<助けを求める>
リーダーも完ぺきではありません。したがって仲間の助けを惜しげもなく借りることを忘れてはいけません。

 

あのピータードラッカーも効果的な行動を起こすことは反映に追随すると述べているほどです。

ありがとうございまました。

<Sponsored Link>

Follow me!