817、ジョブオファーを、どう評価し、受け入れ・辞退し、交渉するか?

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

みなさんは転職をされたことはありますか?あるのであればなぜ今の職を辞め、新しい職に就いたのか、明確な判断基準はありましたか?

新しい会社に入るまで詳しいことはわからないという意見もごもっともですが、やはり入ってからのミスマッチは避けたいと思います。そんな時採用される側はどのようなスタンスで臨めばよいのでしょうか?

それではみていきましょう!!

<Sponsored Link>


 

【ジョブオファーを、どう評価し、受け入れ・辞退し、交渉するか?】

 

おめでとうございます!あなたは職を見つけました。そして次に決めなければいけないことは、あなたはそのオファーを受け入れるかどうかです。あなたはどのような基準でそのオファーを受け入れるかどうかを考えるべきなのでしょうか?

 

専門家曰く、雇用側があなたに採用の通知を出すときは、あなたと相思相愛になりたいと思っています。お給料や待遇面などで仕事を選ぶことももちろん考えられますが、最も考えなkればいけないことは、その仕事はあなたの目的に合っているかどうかを知ることなのです。

もちろん完璧な仕事のオファーなどないと考えていいでしょう。その際にあなたはどのように仕事を受け入れるかを考えてみるとよいでしょう。

 

<マインドセットをシフトさせる>
採用を受け入れるのかの段階は、職を探している段階とは異なります。そのためあなたは雇用者と交渉もしなければいけません。いったん立ち止まって、あなたは新しい段階に入っているのであることを理解しましょう。雇用側もあなたが採用にコミットしているかどうかを知りたいのです。

 

<優先順位を設定する>
次にあなたは何に重きを置いているのでしょうか?仕事とプライベートのバランスは?もちろん多くお給料をもらえるといいでしょう。しかしその代わりに何かを犠牲にする?お金は満足の中の一つの要素でしかないのです。

例えばX円の給料で、毎日楽しく仕事に向かうのか、X円の10%アップで、仕事に行きたくないと思いながら仕事に行くのとではどちらが良いでしょう?下のいくつかは、仕事を決めるうえで構成される重要な要素です。

・給料:生活していくのに十分な給料をもらえそうでも、そのお給料が果たして自分の知識やスキルにあっているかをそのマーケットの中の基準と比べながら見極めなければいけません。ここで調べておきたいのが、その業界や地域の収入を見てみることです。それを基準に自分のオファーされた金額を見てみると、もう少し交渉の余地が残されているかもしれません。

・仕事内容:やはり仕事の内容は大切です。あなたが行わなければいけないことは、自問自答することです。例えばチームをマネジメントしたいのか、それとも一人で成果をあげたいのか。出張が多いほうがいいのか、できればないほうがいいのか。自分の答えと新しい仕事内容が大幅に差異があるのであれば、あなたはオファーを受けれいれるべきではないのかもしれません。

・カルチャーがあうか:その職場で楽しく働くことができるかどうかも大切です。その場所は楽しそうですか?挑戦的ですが?みんな必死に働いていますか?企業の文化を知ることは非常に大切で、もちろん働いてみないと中身の細部は見えないかもしれませんが、雰囲気で良いか悪いかは判断できると思います。

・フレキシブルや休暇、その他福利厚生について:バケーションやレジャー休暇をとれるかどうかは仕事を選ぶうえでかなり重要な位置を占めつつあります。またフレキシブルに働くことがどのようにとらえられているかです。特に女性にとっては家庭の事情などでフレキシブルに働くことが必要になるかもしれず、あまりフレキシブルに対応を行っていないと知った際は交渉を行わなければいけません。

 

<タフかつ、それでいて交渉する>
例えばあなたはそのオファーを大変気に入り、責任感をもって努めたいと考えています。しかしあなたには一つリクエストがあり、週の1日を自宅から仕事をさせてほしいと思っているとします。

これは簡単な交渉でありませんが、良い交渉です。あなたは最大限自分の仕事で成果を上げる代わりに、自分の要望も聞き入れてもらい働きやすい環境づくりを進めて良いのです。

 

<十分でなければNOという>
理想はお互いの利害が一致し合うことですが、かたくなにあなたの提案がNoになるケースもあります。その時はいったん立ち止まってそのオファーを本当に受け入れていいものかどうかを確かめなければいけません。

その際やはり断るような状況になっても、それは悪いことではありません。もちろん企業側にを誠意を払わなければいけませんが、いつでも断れるという体制は保っておいたほうが良いです。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>


Follow me!