836、トップタレントの社員をマネジメントするシンプルな3つのルール

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

トップタレントを扱うのに苦労しているマネージャーも多いのではないでしょうか?彼らは何に対してモチベーションを感じ、何に対して不満を感じているのでしょうか?実は彼らを扱うのはシンプルなルールなのかもしれません。

それではみていきましょう!!

<Sponsored Link>


 

【トップタレントの社員をマネジメントするシンプルな3つのルール】

 

一般的なビジネスの展開としては、トップタレントの人たちには保障や大きな報酬に対しての動機づけがキーマネジメントになるとされています。これらは大きなモチベーションにつながりますが、実はそれだけではありません。

私の36年のキャリアの中でも、報酬だけで大きく動機づけをされた人は見たことがありません。誰一人としてです。

 

もちろん報酬が動機づけで成功しいる人はたくさん見てきました。例えば短期的な投資家や、バイアウトを目指している人、上場し会社を売ることを目的としていることです。

しかし企業を継続的な作成に導こうとしているトップタレントの人たちにそういった特徴を見たことがありません。私のビジネススクールで働くことで経験してきた中で、3つのシンプルなルールがトップタレントをマネジメントする秘訣であることが分かりました。

 

<グループの中からの評価ではなく、個人としての評価を心がける>
私は一つの間違いから学んだことがあります。ビジネススクールの時にトップコンサルトの人が私に質問を訪ねて評価を求めてきたときの事です。私は、「もちろん、あなたのレベルだと、あなたのクラスの中では自分のしたいことができるよ」すると相手は、「OK」と少しむっとした顔で帰っていきます。何か問題があったのでしょうか?

この問題点は彼のことを個人ではなくクラスの一因であるとみなしていることです。彼は「私たちはあなたに大きなケアをしていますよ。あなたが何かをしたい場合は100サポートしますよ。」と個人をケアする必要があります。これは一人だけのケースではなく、多くの場所でこのケースを確認されました。

 

<好奇心がそそられる機会を与える>
トップタレントの人が最も嫌がることは、機会を防がれることです。彼らはリスクテイカーで機会があればそれに向かっていきます。反対に機会を防がれる状況に陥ったときは他に機会がないかを探しに向かっていきます。

もちろんバランス感覚は重要です。なぜなら大きすぎる負担はトップタレントの人でもつぶれてしまうからです。自分が責任をとれる範囲で機会があり、成長や学びがあることにたいして貪欲に突き進んでいきます。

 

<挑戦しやすいように後ろでサポートをする>
私は多くのマネージャーがミスを犯しているのを目にしてきました。トップタレントの人たちは本能的に大きく動機づけに駆られているためマネージャーの間違った称賛は彼らのブレーキになっていますのです。

彼らはハードな仕事をこなしている中で、前にクッションを置いて緩和措置を行うよりも、後ろにクッションを置いて何かあったときに救済しやすくするようにしなければいけません。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>


Follow me!