892、新人が成功するためには、新人研修がおおきな要因であることがわかった

 

こんにちは、くらもとたいしです。

 

題名が全てではありませんが、新人が成功するのはやはり新人研修がカギになっていることは確かだと思います。新人研修がしっかり行われないまま現場に行っても、結局は現場で同じことを聞かなければならない。そうであるならば時間をかけてでもしっかりと会社のルールを学んだ方がより効果的であることは間違いないでしょう。

大企業の場合は新人育成チームがあるかもしれませんが、今後中小企業もそのようなシステムを構築していく必要があるかもしれません。

それではみていきましょう!!

<Sponsored Link>


 

 

【新人が成功するためには、新人研修がおおきな要因であることがわかった】

 

 

新人研修は数日やって現場に行くという考え方が多いのではないでしょうか?しかし調査の結果、新人研修をできる限りしっかり行うほうが技術やスキル、そして組織に対する期待値まで上がることがわかりました。そしてよりよい結果としては、新人研修をしっかりやったほうが、長期的に会社に利益をもたらすことが分かったのです。

特に初めの3カ月から半年の間は重要です。平均して企業は17%3カ月以内にニューハイヤーを失う傾向にあります。

 

効果的な新人研修は社会的・プロフェッショナルなサポートを通して、ニューハイヤーと採用マネージャーがお互いに目的を達成するものでなければいけません。

例えばGoogleでは入社して半年間は電子チェックリストを使用して採用マネージャーとニューハイヤーがどこまで進捗しているかをお互いが確認できるようにしています。Zapposでは初めの5週間、Zapposの価値感を伝えるための時間として投資しています。Twitterでは入社前にwebなどを使用してTwitterの考え方などを学ぶことができ、入社前のミスマッチを防ぐ効果を得ることができています。

 

そして言うまでもなく新人研修で最も大切なことはニューハイヤーの研修を担当する人です。彼ら働きが今後のニューハイヤーの成否を担っているといっても過言ではないくらいです。

これは409名のスーパーバイザーからの研究からも明らかで、入社時にしっかり研修を受けていた人の方が、そうではない人と比べて、より高い成功率を収めていることが分かっています。

 

最も多くの会社ではなかなかそこまで時間をとることができないと思ている人も多いことでしょう。それなのになぜしっかりと新人研修をしなければいけないか?それは彼らが実際に働き始めた時のニューハイヤーとマネージャーの関係にも大きく関係してきます。

よく新人研修を受けた人の方がそうではない人と比較したときに、明らかに前者の方がよりプロアクティブに情報を取りに行き、吸収力が高いことから、仕事の効果が高まることが分かっているのです。つまり時間をかけてでも新人研修を行うことがメリットがあることがうかがえるのではないでしょうか?

ありがとうございました。

<Sponsored Link>


Follow me!